フリースペース1
フリースペース2
作成日 2023/5/10
編集日 2023/5/12

学友会団体登録について

  団体登録の主なメリット
   ・学友会ホームページに団体名が掲載される
   ・空き教室・防音室を借りることができる
   ・学友会から支援金を一定額まで申請できる
   (※条件、限度額は割愛)
   ・新入生歓迎会に参加できる

  団体登録の主な条件
   ・宗教や政治、その他迷惑な活動をしていないこと
   ・東京理科大学生徒の団体であること
   ・吃体育局、局体育会に未所属であること
   ・学友会に未登録の団体であること
   ・団体の代表者・副代表者両名が学友会へ入会していること
   ・学友会員が3名以上所属する団体であること
   ・団体メンバーの半数以上学友会へ入会していること
    例:10人のサークルで学友会団体登録
      ⇒代表・副代表含め6名以上の学友会登録が必要

  サークルポイントについて
 学友会登録団体は、団体代表者会議・学生大会の出席と必要書類の提出が規約として定められています。(詳しくは規約を参照) 各団体がルールをどれだけ守っているかをサークルポイントとして成績にして、サークルポイントに応じて支援金の限度額等が決まります。

サークルポイント配点

         ・団体代表者会議出席点     30点(10点×3回)
         ・学生大会出席点          20点(10点×2回)
         ・団体メンバー表提出点      20点(10点×2回)
         ・団体メンバー表早期提出点   10点(5点×2回)
         ・団体登録申請書提出点     10点
         ・活動報告書提出          10点
         ・新歓得点換算           20点

※迷惑行為を行った等でサークルポイントを減点することがあります。

  教室・防音室利用について
 学友会登録団体は支援課に連絡することで教室や防音室を利用することができます。
詳細や予約方法に関してはCLASS掲示板の【課外活動】内の「教室・防音室の貸出方法について」をご確認ください。

  支援金について
 学友会登録団体への支援金は
   ・所属する神楽坂キャンパス生の内8割が学友会入会者で
   ・前期団体登録・更新を行った団体が
   ・団体の活動として必要となった費用を
   ・限度額まで
   ・領収書、明細書を提示して申請した金額分
   ・口座振り込み(できなければ手渡し)
   で送付されます

  支援金申請時必要なこと
   ・領収書(明細書)
   ・団体の口座
※法律改訂により団体の口座の作成が難しいと相談があったため、代表者の口座も可とするか審議中です。

支援金の交付対象例
      ・団体が出場した大会への参加費、器具の輸送費
      ・団体の活動に必要となった本、器具
      ※食費、料理の原材料費は対象外です
      ・イベント参加時に必要となった印刷費

支援金限度額の計算方
  交付限度額(円) = 所属する学友会登録者人数ごとの上限 × サークルポイント/100
    ※サークルポイントが100点より多い場合は100点換算

         ・所属する学友会登録者人数ごとの上限の一覧
  〜9人:40,000円
10〜19人:45,000円
20〜29人:50,000円
30〜39人:55,000円
40人〜 :60,000円

   支援金の例
   音楽系サークルの場合
   ・大会での楽器の輸送費 2万円
   ・楽譜印刷代      2000円
   ・サークルWEB運営費  1万円
   サークルポイント:110点
   人数:25人  ⇒限度額:50,000円
    申請額:32,000円
    ⇒申請額の32,000円分支援金として交付


            その他質問等は学友会メールアドレスまでご連絡ください。


©2023 東京理科大学学友会